リフレクソロジー 資格

【思春期ニキビ】と【大人ニキビ】の違い

ニキビって実は二種類あるんです。

 

学生の頃など思春期の頃にできていたニキビと
大人になってからできたニキビは同じものではありません。

 

思春期ニキビと大人ニキビという違いがあるんです。
ではこの二つのニキビにはどういった違いがあるものなのでしょうか。

 

違いとしてニキビのできる原因や場所が違うことが特徴的なんですね。

 

まず、思春期ニキビは思春期の時期にできるものなのですが
ニキビができる理由としましては、成長期の頃に皮脂の分泌が
過剰になることでできてしまうのだと言われています。

 

思春期には成長ホルモンが分泌されるのですが
成長ホルモンが皮脂腺を刺激することによって皮脂の分泌が過剰になるんですね。

 

ホルモンのバランスが整ってくることによって自然と思春期ニキビは治っていきます。

 

大人ニキビは大人になってからできるニキビで、
ニキビができる原因として様々な理由が考えられるのです。

 

不規則な生活習慣や偏った食生活、喫煙飲酒、ストレス、睡眠不足、
ホルモンの関係、化粧品などの原因が大人ニキビの原因としてあげられます。
このような違いがあります。

ニキビについて|リフレクソロジー資格取得記事一覧

毎日洗顔を行っていることかと思いますが、ニキビや肌荒れを防ぐためには毎朝の洗顔は洗顔料を使用せずに水だけで洗顔をした方がよいと言われています。ではその理由ってなんでしょうか。なぜなのでしょうか。お肌って実は睡眠をとっている時眠っている時に再生するものなんですね。午後10時から午前2時の間には、特に成長ホルモンがたくさん分泌される時間帯となっていますのでターンオーバーも特にその時間帯に行われるのです...

高校生の時期にできるニキビってとても悩むことも多いでしょう。そんな高校生の時にできるニキビは大抵、体のホルモンバランスが乱れることによってできるニキビとなっています。ニキビの原因には男性ホルモンが関係しているとされているのですが、女性でも男性でも高校生ぐらいの頃には第二次成長期となって男性ホルモンが通常よりも多く分泌されることとなります。男性ホルモンが多く分泌されることによって皮脂腺を刺激して皮脂...